大人ニキビと疲れの関係

ニキビと言えば思春期ニキビですが、思春期ニキビは思春期だからしょうがないと思って、時が過ぎれば気にならないようになりました。

 

思春期ニキビは周りの友達も体験してることが多いので、それほど気にせず過ごしていました。
しかし数年がたち、大人になってニキビが出来るようになる時がありました。大人になれば化粧の1つも覚えているのでコンシーラーやファンデーションで隠す日々でした。無くなったら出来るの繰り返しの時にこれが世間の言う大人ニキビだということに気付きました。

 

大人ニキビは周りがなっていないに加えて、顔の目立つこところに出来るとへこみます。思春期ニキビからニキビに悩んだことが無かったので、驚きました。なぜ大人ニキビになるかというと、出来やすい原因として疲れがあります。人間関係に疲れたり、思うように休みが取れないことにより疲れがたまってそれが大人ニキビとして表れるようです。

 

疲れないようにするということは、社会で働いてるうちは難しいです。疲れをとるためにお風呂で湯船にしっかり浸かってみたり、アロマを部屋でたいてみたり、疲れを解消することで大人ニキビは改善します。周りに大人ニキビで悩んでいる人がいたら、疲れがたまっているのかもと教えてあげてください。