大人ニキビと思春期ニキビのちがい

思春期にできるニキビは、皮脂の過剰な分泌が主な原因だといわれています。
思春期は、成長ホルモンの分泌が活発なので、この成長ホルモンが皮脂腺を刺激することにより皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴が詰まりやすくなり、その結果、思春期ニキビといわれているニキビができやすくなります。

 

思春期を過ぎて大人になってからできるニキビは、大人ニキビと呼ばれています。
大人ニキビの原因は、誤ったスキンケアやストレス、生活習慣などさまざまですが、女性ホルモンのバランスの乱れも原因の1つとしてあげられています。
女性ホルモンのバランスが乱れると、肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーの周期にも乱れが起こります。
ターンオーバーの周期が乱れると、古い角質が剥がれ落ちず溜まってしまい、毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなります。

 

正しいスキンケアを行っていても大人ニキビが改善しないという場合は、女性ホルモンを整えることをしなければ大人ニキビは繰り返しできてしまいます。
大人ニキビでお悩みの方は、女性ホルモンのバランスを整えるために食生活や睡眠を見直し、規則正しい生活を送ることを心掛けましょう。
また、ホルモンバランスを整える作用があるサプリメントなどを摂取してみてはいかがでしょうか。